家

賃貸アパートのメリット、デメリット

賃貸アパートにはメリットがありデメリットもあります。

メリットは固定資産税がかからない事です。

自分の持ち家を購入するという事は固定資産税がかかってきます。その他にも修繕費や維持費などけっこうな出費を余儀なくされます。

賃貸アパートであれば、その物件の修繕をする義務は大家さんにあります。

細かく言えば電球の交換でも大家さんに交換する義務があるのです。

もちろん固定資産税を支払う義務も大家さんにあります。

その他のメリットと言えば、引越しが可能だという事です。

近所に付き合いにくい人が住んでいたり、転勤などで家を離れなくてはいけなくなっても引っ越すことが容易に出来るのです。

持ち家になると簡単には引っ越すことが出来ません。

しかしメリットだけではなくデメリットも多くあります。

どれだけ長い間家賃を払い続けても自分の持ち物になる事は一生ないのです。

今では建売を購入しても家賃並みの返済で持ち家を購入する事が出来ます。

一生に支払う金額を考えた時にどちらが得かは別として、賃貸は自分の物にならないという事です。

賃貸のデメリットは、決められた範囲でしか改造や変更を出来ない事です。

持ち家ならば釘を打とうが色を塗り替えようが問題ありませんが、賃貸の場合は退去する時に現状復旧なのが原則だという事です。

どちらが良いかはその人の生活スタイルによると思います。

headline

post list

TOP