家

賃貸マンション見学の際に見ておきたいこと

転勤族としていくつものマンションを見てきた経験から、マンション選びの際にまず最初に気を付けて見てほしいポイントをいくつかご紹介します。

・洗濯機や冷蔵庫等の大型家電・家具は置けるか
部屋の広さは十分なのに、妙に廊下や洗面場への入口の幅が狭いということがあります。一人暮らしで家具家電もコンパクトなものばかりなら良いのですが、少し大きめのものを持っている人は要注意です。特に洗濯機は、置き場所の大きさや設置方法をしっかり確認しておく必要があります。
・備え付けの押し入れやクローゼットは必ず開けて確認する
広い収納!と謳っておきながら、開けてみたら使いづらい位置に仕切りが入っていた、奥行きが無い、そもそも開け辛い配置等、意外と収納場所に不便を感じることがあります。
・開けられる窓は全て開ける
隣との距離や、視界に映る範囲に違和感は無いでしょうか。また高層階には、電線がとても近くて怖いという物件もしばしばあります。
・ベランダの確認
洗濯物を干したりするメインベランダはどこにするか考えながら見ていきます。日当たりはもちろん、車の排気ガスや人通りも気になります。また、不審者が入りやすそうな構造になっていないか、火事等の脱出経路も要確認です。
・コンセントの場所と数
エアコンやテレビの配置にも関わってきます。延長コードで長々と引っ張ってこなければいけないような造りになってはいないでしょうか。

他にも生活音や住人等確認したいことはたくさんありますが、実際に住んでみないと実情は分かり辛いのも事実です。
賃貸とはいえ、住むからにはストレスの少ない生活を送りたいもの。
できる範囲での事前確認はしっかりとしておきましょう。

headline

post list

TOP